KINTO Tech Blog

Event

社内限定のLT大会を開催しました!

Ryomm
Ryomm
Cover Image for 社内限定のLT大会を開催しました!

社内限定のLT大会を開催しました!

こんにちは、23年10月にKTCに入社したRyommです。普段は my route by KINTO というアプリのiOS開発を行なっています。

さて、今回は弊社の室町オフィスにて社内限定のLT大会を開催したので、みなさまにもお裾分けのレポートです!

開催までの経緯

直属のボスとの1on1にて「最近人前で喋ってないからラフなLT大会とかやりたいっすね〜」という話になり、他のオフィスでは情報共有会という名目でやってるらしいという情報を得ました。

そこで、
(11月21日)timesでやりたいな〜と言ってみたところトントン拍子で話が進み...
timesの様子
timesの様子

(11月27日)有志で集まってキックオフMTGが開催され...
実行委員チャンネルの様子
実行委員チャンネルの様子

(11月29日)全社員が参加する会議での告知と室町オフィスへの周知がされ...
室町オフィスチャンネルの様子
室町オフィスチャンネルの様子
きゃわいいチラシ
かわいいチラシ作りました

(12月14日)タイムテーブルを発表し...
きゃわいいタイムテーブル
かわいいタイムテーブルも作りました

(12月21日)LT大会を実施しました!
会場の様子
会場の様子

ちょうどやりたいと言い出した時から1ヶ月という圧倒的なスピードでLT大会の開催が実現しました!

テックブログチームをはじめ多くの方が積極的に参加してくれたおかげで、とても楽しい会になったのではと思います。
さらにコーポレートITグループの方々にも協力していただき、かなり本格的なZoom配信を行うこともできました!
発表者も集まるかな〜と不安でしたが、12名の方にエントリーしていただきました。(中には名古屋からいらっしゃる方も!)
最初は本当にノリと勢いだけで動き出したので、みんなで協力して形にできたLT大会だったと思います。

Lightning Talks

発表してくれたLTを、社内限定ということで色々とゆるめにしていたので全てを公開できるわけではないですが、一部ダイジェストで紹介します。

GitHub Flow+Release PleaseによるTag Based Release

⛩さんによるLTです。
GitHub Flow(Git Flowとの比較含む)、Tag Based Release、Release Pleaseそれぞれについての解説と、これらを統合すると自動でCHANGELOGを生成してくれたり、バージョン管理を簡素化できて便利だというLTでした!
私としては、別バージョンの開発が同時に走っていて、ある機能はまだ公開したくない!というお悩みにも応えてくれていて、Release Please使ってみたいな〜と思いました!

⛩さんのLT
⛩さんのLT

モータースポーツ最高峰「F1 (Formula 1)」のマニアックな楽しみ方

mt_takaoさんによるLTです。
F1の面白さを布教するLTでした。自動車を扱う会社ならではのLTですね!
F1の世界では1秒差は非常な大きな差であり、1000分の1秒差をどうやって埋めていくか、それがF1の面白さだと力説されていました。
最後には2024年4月5日(金)〜7日(日)に三重県の鈴鹿サーキットで開催される「2024 FIA F1世界選手権シリーズ MSC CRUISES 日本グランプリレース(F1日本グランプリ)」の宣伝で締められていました笑
私もぜひ1度見てみたいと思うLTでした!

mt_takaoさんのLT
mt_takaoさんのLT

1月開発編成本部会に向けて

ありとめさんによるLTです。
ご自身のキャリアとそこで感じたこと、KTCへの想いと共に「イキイキと働く」ことができるように考えた施策のLTでした。
1月には社内ではじめての大規模イベントを開催されるということで、私も楽しみにしていますー!

KTCのこと発信してみませんか

HOKAさんによるLTです。
ご自身の広報としての経験と、KTCで組織人事、採用まで関われる人事としてKTCの認知度をアップするための取り組み、そしてKTCについて発信しよう!というLTでした。
一番簡単な発信はXのリポストだということで、私も早速リポストしました😎✨

HOKAさんのLT
HOKAさんのLT

Sketchy Investment​

長谷川さんによるLTです。
英語を勉強することは超ハイリターンな投資!ということで、長谷川さん流の勉強術と英語学習の奨励LTでした!
最後は会社に英語学習補助導入への検討の要求で締め括られ、会場は沸き立っておりました笑
私も英語...勉強しちゃうか...!?となるくらいエネルギーに溢れたLTでした!

長谷川さんのLT
長谷川さんのLT

LT登壇のハードルを限りなく下げるLT+アジャイル会の告知

きんちゃんによるLTです。
LTは「自分が好き」とか「自分が素晴らしいと思う」ことを伝える場だと定義した上で、「あなたの属性×あなたの好き・得意」を伝えると、オリジナリティのある楽しいLTができるよ!と、参加した方がLTに出たくなるLTでした!
このLTのおかげか、開催後アンケートでも次回はLTに登壇したいと答えてくださった方が約70%ほどおり、「1番いいなと思ったLT」投票においても最多票を獲得したアツいLTでした。

きんちゃんのLT
きんちゃんのLT

テックブログ執筆が3年後のキャリアに与える影響

なかにしさんによるLTです。
テックブログの執筆を続けていくことで、スキルも向上していき、遂には本も出版できる!というLTでした。
実物を持ってこられていましたが、1087pの分厚い本で、テックブログを書き続けるとこんなに分厚い本を出版できるのかー!?と、驚きました。

https://www.amazon.co.jp/dp/486354104X/

面倒な予定調整はBookingsにやらせよう

技術と信頼の技信さんによるLTです。
Microsoft Bookingsを使うと、日程調整をはじめ、予約サイト作成やTeams/Outlook連携、アンケート、リマインドメール等を簡単に行うことができるよ、というLTでした!
実際に今年の健康診断で使用され、参加者の方も「あれか〜」というような反応をしている方も何人かいました。(私は入社前でしたが...)
Exchangeを基にしたサービスで、不安定さや想定外の事態が起こることもある...と話してくださった実体験も面白かったです。
私も飲み会の幹事になった時に使ってみようかな〜と思いました!

早速使っている!
早速使っている!

5分で「モータースポーツ」を見に行きたくさせるLT

シナモロールさんによるLTです。
国内で観戦するおすすめのモータースポーツを7つピックアップし、ぜひサーキットに足を運んで観戦してみてほしい、というLTでした!
サーキットの観戦ではエンジン音、臨場感・迫力、コース実況、会場での展示物、クルマでの移動などサーキットならではの良さがあり、一度でいいから体感してみてほしいと力説されていました。
そして、サーキットまでの移動はクルマで行くのが断然おすすめ!やっぱクルマいいな→クルマのサブスクKINTO→KINTOかんたん申し込みアプリ使ってね!と、担当サービスの宣伝まで抜かりないシナモンさんでした笑
KINTOがスポンサーをしているチームのユニフォームを着て発表されており、好きが伝わる良いLTでした!

シナモロールさんのLT
シナモロールさんのLT

クソアプリ作って煙突詰めた♪

あわてんぼうの Ryomm・クロースによるLTです。
個人開発をするにあたってアドベントカレンダー駆動を提案し、自身の体験として「クソアプリハッカソン」「クソアプリアドベントカレンダー」に参加した話をしたLTです。
このLTをした後、3日でクソアプリアドベントカレンダーに挑んでくれた方もいて、嬉しかったです!

RyommのLT
RyommのLT
LTを受けてアドカレ書いてくれました
LTを受けてアドカレ書いてくれました
https://speakerdeck.com/ktcryomm/kusoapurizuo-tuteyan-tu-jie-meta

Corporate IT: A new journey!

フローさんによるLTです。
ご自身のキャリアとコーポレートITグループでの仕事、将来の展望などのLTでした!
KTCの従業員がHappyに働けるようにする仕事だ、と話すフローさんが眩しかったです...!笑

さいごに

社内限定とすることでカジュアルに人前で話す場を作ることができ、社員同士の交流の場ともすることができて楽しいイベントになったのではないかと思います。
室町情報共有会の旗揚げイベントとして大成功だったはず!

個人的な工夫点としては、KTCは割とSlackが静かな方なのでテキストコミュニケーションを活発に行なってもらおうと、実況chを作成してオンラインでもオフラインでも一緒に盛り上がれるようにしたことです。
同時に記録として残すことができるので後から見返してもLTに対する反応などを確認できますし、今回不参加だった方にも次は参加したいと思ってもらえるような盛り上がりを視覚化することができたのではと思います。

アンケート等もSlackワークフローを通してスプレッドシート等に収集することで、極力Slackから離脱せずに楽しむことができるようにしました。

反省点としては、配信で使用したZoomウェビナーのチャットは無効化したのですが、リアクションは有効にしたままだったので、そちらのみで見ている層が一定数いらしゃったことでしょうか。次回以降に活かしていきたいです。

今回はホリデーシーズンだったので、せっかくだからクリスマスも楽しんでいきましょう!とクリスマスコスやシャンメリーなどを用意しましたが、意外な発見としてイベントごとに合わせると軽食が決めやすい!というものがありました。
参加者からも有志からも第二回を開催してほしい!という声をいただいたので、次回も何かイベントごとと絡めたいなと思っています。

LT大会後に忘年会があったのですが、他オフィスの方も配信で見てくださっていたようで「見たよ〜」と声をかけていただいて嬉しかったです。発表者の方も「発表見たよ〜」と感想をもらって嬉しかったと言っており、開催してよかった〜!と感じました。
今後も、こういうカジュアルな発表の場を設けていくことで、社内のいろいろな人の話が聞けたらいいな〜と思います。

KINTOテクノロジーズMeetUp!情シスによる情シスのための事例シェア

関連記事 | Related Posts

We are hiring!

【部長・部長候補】/プラットフォーム開発部/東京

プラットフォーム開発部 について共通サービス開発GWebサービスやモバイルアプリの開発において、必要となる共通機能=会員プラットフォームや決済プラットフォームの開発を手がけるグループです。KINTOの名前が付くサービスやTFS関連のサービスをひとつのアカウントで利用できるよう、様々な共通機能を構築することを目的としています。

【バックエンドエンジニア(DX等)】オウンドメディア&インキュベート開発G/東京・大阪

オウンドメディア&インキュベート開発グループについてKINTO ONE売上拡大を目的とした、全国約3,600店舗の販売店に対するテクノロジーを用いたソリューション提案のためのシステム開発と、『 KINTOマガジン 』『 モビリティマーケット 』『 Prism Japan 』などのオウンドメディアのクリエイティブ制作を手掛けています。